腰椎・椎間板ヘルニア発症から完治までの闘病日記

発症時の様子と初期症状

2002年11月
あぐらをかいて椅子に座る再現初期症状を発する8年ほど前に一度、重い荷物を持ち上げようとしてギックリ腰になったことはあったものの、今日まで何の腰痛もなくやってきました。だけどこの日の出来事は一生忘れません!私が椎間板ヘルニアになった原因は今でも明確に覚えています。回転イスにあぐらをかきながらパソコンを打っていて、机の奥にあるペン立てに手を伸ばした瞬間「プチッ!」という腰あたりの違和感を感じました。「ん?」と思いましたがその時は何ともなかったんです。でも翌朝あたりからジワ~と腰が痛みはじめて軽いギックリ腰状態に陥いいました。人間あぐらをかいてはいけません(笑)今覚えばこれが全ての始まり。

ギックリ腰は4~5日したら痛みも治まって楽になったんですが、日に日に腰痛というか足先にしびれを感じるようになってしまい、年を越して1ヶ月半くらい経つと歩行障害(30mくらい歩いたらしゃがんで休まないと痛くて歩けない)が出てきてしまいました。さすがにこれは尋常ではないな・・と思い、インターネットでいろいろ調べてみましたが検討もつかず、重い腰を上げてようやく整形外科で診てもらうことにしました。本当はもっと早く診察してもらえば良かったんですが、年末年始だったのでごまかしてしまいました。

初診と手術決定時のお話

2003年2月
レントゲンとお医者さんレントゲンとMRI検査を経た医師の診断結果は腰椎椎間板ヘルニアと確定。足先のしびれ具合や歩行障害(というか血行障害)の進行状況からして早急な手術が必要とのこと。「はい分かりました」とは言ったものの、できれば手術なんかしたくなかったので帰宅してじっくり考えてみました。しかし、その間にもズキズキと鈍痛は続き、イライラしてしまいほんと精神的限界点にまで達してました。周囲にもきつくあたるようになり、これは一刻も早く治す必要があるなと思い、医師の説明をよく聞いた上で手術(ラブ法)することを決意しました。

いざ手術台へ(初めての全身麻酔)

2003年4月
自営業とはいえ仕事の都合上、どうしても片付けなければならない仕事があったので、1ヶ月の猶予をいただき入院。レーザー治療もあるとは知っていましたが、先生を信じてラブ法でお願いしました。入院して3日間は採血などをしながら体調を整え、4日目に手術をしました。前日まで全然平気だったのですが、当日の朝はさすがに緊張します。

ストレッチャーに乗せられ1・・・2・・・・3・・・・・・と数えていくうちに意識はうすれ、気がついたら病室のベッドの上でした。術後は仰向けで一切動く事は許されず、丸一日そのままの状態で安静です。おしっこは尿管を通され、飲み物は看護士さんに言ってストローで飲みます。術後は疲れているので寝ようと思えばいくらでも寝れるのですが、体を切った痛みと発熱で手術した日の夜はとてもつらく、長く感じました。

術後3日目くらいからベッドを少しだけリクライニングさせたり、寝返りを打つ許可が出ます。但し食事は流動食で、まだまだ寝たきりの状態が続きます。起きようと思っても筋肉を切断しているので力が入らず起き上がれません。

5日経過するとようやくリクライニングの角度も上がり、食事も固形物が多くなり楽になってきます。自力歩行は困難なことが分かっていたので固形物の食事はあまり採りませんでした(うんちをベッドでするのがどうしても恥ずかしかったので)。7日目にようやく先生の許可をもらって、歩行器を使ってトイレに行けた時は最高に幸せでした(笑)

リハビリする様子術後一週間~二週間目までの期間は傷口の消毒などをしながら少しずつリハビリなどをして退院に備えて準備をします。歩くことはできますが、腰に力が入らないので歩行器なしではちょっとつらいです。立ったままティッシュペーパーの箱を持ち上げただけでも「重っ!」と感じるくらい腰が抜けてます。これは退院したあとも大変だな~と思いました。

当初の計画通り、手術から約14日間で退院することになりました。本当はもう少し入院が必要なのですが、仕事の都合もあったので無理を言って早目に退院させてもらいました。縫合用の糸はそのままなので、通院しながら消毒したりします。

手術後11ヶ月間のリハビリ生活

2003年5月~
最初の2ヶ月間は日常生活をするのが精一杯です。立ったり座ったりも一人でできますが、以前のようにヒョイッというような感じにはいきませんので、少しずつ少しずつ無理をしないで地道に過してました。術後、しびれはなくなって楽になりましたが、時々神経が痛む?ような錯覚にとらわれていたように思います。これはよくあることらしいのです。少なからず神経に椎間板が触れていたので「なごり」とでもいうのでしょうか?これにはせっかく手術したのに・・・と少々不安にさせられましたが徐々に薄れてゆきました。

季節も秋になり、サーフィンをする私にとってはベストシーズンなのですが、ここは健康第一ということで1シーズン見送ることにしました。その間少しずつ歩く距離を伸ばしたり、ウェイトを使って基礎筋力アップに努めたおかげで、以前となんら変わらない運動能力にまで回復できましたが、ジャンプしたり走ったりすると骨がきしむような痛みが出るので、これは注意が必要だなと思いました。

特に冬の寒い日は筋肉が硬直するせいか腰痛が若干出てしまいます。そのたび「またか?」と不安になるのですが、慢性の腰痛と同じように暖めると不思議と痛くなくなったので温湿布などを貼って過してました。

手術から1年後、サーフィン再開♪

サーフィンに行くとこ2004年4月
約1年も腰に気を使ってリハビリを続けてきたおかげで人並み以上の運動もできるようになり、以前のようにサーフィンを再開することにしました(春だしね)。まだまだ水は冷たいのでウェットスーツを着用してですが、やはり腰をグキグキやると少し痛みは出ます。でもそれほど運動後に痛みが出るわけでもないので週に1回、2時間程度づつ始めました。

その後、何回かサーフィンをして平気そうだったのでハワイへ1ヶ月サーフィンしに行くことにしました。ハワイの海は日本と異なり、温水プール以上に温かいので腰には相当楽です(というかむしろ良くなります)。やり過ぎは痛みますが、ほどよい運動は筋肉が鍛えられていいみたいです。 滞在中はほとんど毎日サーフィンをしてましたが腰痛とは無縁の快適な生活でした。

やっちまった!まさかの再発(-_-!)

2004年7月
ハワイから帰国後、半月も経たないうちに千葉の冷たい海に浸かったのがいけなかったんだと思います。海から上がってなんとなく腰が痛いな~とは思っていましたが、さほど気にもせず何もしませんでした。

その翌日、友人たちとバーベキューをしていた時に、またあぐらをかいていたら グキッ!っとなりまして・・・。あわわわわ・・・と言って横になりましたが痛みはみるみるひどくなり、帰りは歩くのもやっとでした。

やっぱりあぐらは腰に良くないんだなと・・・

病院に行きたくても行けなかったので、2~3日は安静にして痛みが治まるのを待ちました(二度目は慣れてます)。そうして4日後になんとか歩いて整形外科へ行き、MRIを撮ると「ん~再発かな??」という診断。でも二度手術は嫌なので、とりあえず仙骨ブロック注射を打って様子を見ることにしました。この注射は恐怖症になるくらい痛くて嫌いでした。

この日から10月までの3ヶ月間は、この仙骨ブロック注射を週一で打ちながら痛みをごまかして毎週サーフィンしてました。今思えばこの時きちんとストレッチなどして体をケアしていれば二度目の手術を受けなくて済んだのかもしれません。悔やんでも悔やみきれない失態です。

二度目の手術を受けるかもの凄く迷う

2004年11月
ごまかしてましたが、坐骨神経痛は増すばかりでそろそろ限界を超えてきてしまいました。寝ても立っても座ってもズキズキと痛く、眠れないのでイライラしてきます。この頃には仙骨ブロックも効かず、鍼や整体などにも行きましたが全く効果はありませんでした。足をひきずり、歯を食いしばりながら痛みをこらえて整形外科へ向かい、先生と相談の上で二度目の摘出手術をする事に決めました。まったくもってガックリです。

結局、二度目の手術へ

2005年1月
抜糸ちょうど年末年始だったので、2ヶ月待って入院し、1月の末に二度目の手術を受けました。二度目ともなると自分も慣れたものですが、逆に手順を知ってるだけに怖いものです。二度目だからといって軽く済むものでもなく、術後は発熱にうなされ、排便もままならず、歩行器のお世話になりながら、また二週間が経過しました。さすがに摘出された椎間板は、前回より少な目です。またここからつらくて長いリハビリかと思うと気がめいってしまいましたが、坐骨神経痛から解放されると思えば・・・

手術失敗か?

2005年2月
ところがベッドの上で足を動かすとまだ激痛が!これにはさすがに焦りました。術後は以前の痛みが残存して感じるものだと自分に言い聞かせながらリハビリを続けましたが、この痛みは明らかに残っていました。手術は失敗だったのかも・・・と思ったら悔しくて涙がこみ上げてきてしまいましたが、とにかく退院するまでに何かををしようと思い、毎日ひまさえあればストレッチを続けていました。

そんなある日、特定の動きをすると神経をつついたような激痛が走ることや、ある運動をすると痛みが軽減することなどを発見しました。腰の一部を押すとみるみる痛みが引いていくことも分かりました。これはもしかすると椎間板が飛び出てる痛みではなく、骨が曲がって神経に触れているのではないかな?と思い、退院後の翌日に近所の整体院へ行くことにしました。何でも挑戦!行動あるのみです。

骨盤矯正で見事な回復!

2005年3月
たまたま近所に開院していた整体院に行って、これこれこういう事情なのでとお話したところ、そこでは「骨盤修正」なる施術をしてくれるということでさっそく受けてみました。おそらく施術前は腰がどうにかズレていたのでだと思いますが、マッサージしながらもほんと痛かったんです。体をひねられたら思わず「あ~~っ!!」と声が出そうになるほど・・。とりあえず50分間の施術を受け帰宅しました。当日はなんともなかったのですが、翌朝起きてびっくり!坐骨神経痛が見事に消えて変な激痛もなくなったのです。これにはさすがに驚きを隠せませんでした。僕の勘が当たったというよりもむしろ、整体士さんのおかげです。

その後は痛みもなくなったのでストレッチをしながら筋トレを続けます。1ヵ月後にもう一度その骨盤修正とマッサージを受け、日に日に良くなっていくのを実感しました。ここまでくると対策のリズムが掴めてきます。朝起きたらストレッチ→軽い筋トレ、姿勢正しくあぐら厳禁!

だいぶ良くはなってきましたが、時々ぶりかえします。そんな矢先、JAF MATEという雑誌に載っていた「お相撲さんが腰痛にならないのは四股を踏んでるから」という記事を奥さんが見つけ、へーそうなのか~という気持ちで四股を踏んでみたらびっくり!片足を上げた瞬間にパチーン!とおしりのあたりで音がして、何かゴムをはじいたような感覚でビリビリしました。丸一日ビクビクしてましたが驚いたことにそれ以降全く痛まなくなったんです。どうやら骨盤のどこかに変な形で引っかかっていた筋肉が、四股を踏んだ拍子に元の位置に戻ったんだと感じました。これには本当に驚きました。よく座骨神経痛は「梨状筋」というのが原因と出てきますが、こういうことなんだと思います。(この話しは雑誌の取材も受けて読者の方にも好評だったようです)

雑誌の表紙 雑誌に掲載された記事

2度目の手術を受けてからその後再発はありません。一度だけサーフィン(散骨ついで)で無茶し過ぎて腰痛が再発しましたが、安静とストレッチ、整体で2週間で完治しました。特にストレッチは効果的だと思います。これを毎日やるとやらないでは雲泥の差でしょう。時々さぼるとすぐ筋肉が硬くなって腰痛っぽくなるときがあります(-_-!)のでそんな時はストレッチ。今はすっかり治って小学生の子供を肩車して歩いても平気なくらい回復しましたが無理はしません。

筋肉が堅いから椎間板ヘルニアになっちゃんだな

いろいろな方々のお世話になりながら治してもらった体なので大事に使ってます。もしこれを読んでいらっしゃる方の中に、同じような悩みを抱えている方がいたなら安心して下さい。椎間板ヘルニアは完治できます。僕がその一人ですから。自分を信じて頑張ってください!

採取された椎間板摂ってしまった二度目の椎間板。二度目だから量も少ないね。おかげで身長が1cm低くなったけど負けない!椎間板なくなってから最初の4年はゴリゴリして痛いときもありましたが、その後は全然痛くなくなりました。何か代わりの物質が隙間を埋めたのでしょう。多分、お医者さんもびっくりだと思います(笑)人間の代替能力は素晴らしいのです。

ホームページに戻る

椎間板ヘルニア完治までの闘病日記を見る

椎間板ヘルニアの基礎用語集